性病クラミジアは出血や喉の異常が出現しにくい疾患

性病は、性行為によって感染する疾患で、種類として、梅毒、性器ヘルペス、エイズ(HIV)、淋病、クラミジアなどがあります。近年ではクラミジアによって感染する性病がトップとなっていて、症状は性行為後、ほぼ1~3週間で男性の場合は、排尿時に痛みを感じたり、尿道がかゆくなったりします。また、女性はおりものが増えたり、腹痛や不正出血 が見られることがあります。最近は口を使って相手を愛撫するオーラルセックスも多くなってきたことから、性器から喉に感染してしまうケースが増加しています。

クラミジアは細菌であるクラミジアトラコマチスという菌の感染によって起こりますが、以前は目のトラコーマの原因菌として有名でした。しかし、常にきれいな水で生活できる現代社会においてはトラコーマは自然に消滅していったのですが、依然として性器には住み着いて、クラミジアに感染している人との性行為によってうつってしまうのです。

しかし、同じ性病である淋病の症状と比べると軽度で、男性は尿道炎ほど排尿痛を感じない場合が多く、また、女性でも半数以上が感染しても不正出血 などの症状が出現しない無症候感染の人がいるため、検査をしなければクラミジアに感染していることが判りません。また、風俗店ではオーラルサービスが主流になっていますが、喉に感染している場合も症状が出にくく、感染発見を遅らせる原因にもなっています。ちなみに、性器に感染するクラミジア感染症を「性器クラミジア」と呼び、喉に感染するクラミジア感染症を「咽頭クラミジア」と呼びます。主な症状は、喉の腫れや痛み、発熱を伴う場合もあり、風邪に似た症状なので早期発見が難しい性病であるといえます。

クラミジアを蔓延させないためには定期検査以外に方法はありません。性交後の軽い出血などを放置しておくと、男性は精巣上体に、女性の場合は子宮や卵管、骨盤内に感染が伝播して、妊娠できなくなることがあります。

ページトップへ